骨材の規定とJIS試験方法のまとめ

主任技士

JIS(日本工業規格)骨材試験の方法一覧

JIS番号 試験項目
JIS A 1102 骨材のふるい分け試験方法
JIS A 1103 骨材の微粒分量試験方法
JIS A 1104 骨材の単位容積質量及び実積率試験方法
JIS A 1105 細骨材の有機不純物試験方法
JIS A 1108 コンクリートの圧縮強度試験
JIS A 1109 細骨材の密度及び吸水率試験方法
JIS A 1121 ロサンゼルス試験機による粗骨材のすりへり試験方法
JIS A 1122 硫酸ナトリウムによる骨材の安定性試験方法
JIS A 1134 構造用軽量細骨材の密度及び吸水率試験方法
JIS A 1135 構造用軽量粗骨材の密度及び吸水率試験方法
JIS A 1137 骨材中に含まれる粘土塊量の試験方法
JIS A 1145 骨材のアルカリシリカ反応性試験方法(化学法)
JIS A 1146 骨材のアルカリシリカ反応性試験方法(モルタルバー法)

その他のコンクリートに関するJIS規格

JIS A 1108 コンクリートの圧縮強度試験
JIS A 5002 構造用軽量コンクリート骨材
JIS A 5005 コンクリート用砕石及び砕砂
JIS A 5011-1 コンクリート用スラグ骨材:高炉スラグ骨材
JIS A 5011-2 コンクリート用スラグ骨材:フェロニッケルスラグ骨材
JIS A 5011-3 コンクリート用スラグ骨材:銅スラグ骨材
JIS A 5011-4 コンクリート用スラグ骨材:電気炉酸化スラグ骨材
JIS A 5308 レディーミクストコンクリート

一覧を覚えるのは大変ですが、主任技士試験では過去に出題された問題があるので、ひとつの例としてご紹介します。

【平成27年No.3主任技士試験問題】

骨材の規定に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか
(1)JIS A 1103(骨材の微粒分量試験方法)では、微粒分量は、0.15mmのふるいを通過する粒子の量としている。
(2)JIS A 1104(骨材の単位容積質量及び実積率試験方法)では、単位容積質量の測定に、絶乾状態または気乾状態の粗骨材を用いることとしている。
(3)JIS A 5002(構造用軽量コンクリート骨材)では、骨材の絶乾密度、骨材の実積率、コンクリートの圧縮強度およびフレッシュコンクリートの単位容積質量により、骨材を区分している。
(4)JIS A 5011(コンクリート用スラグ骨材)には、高炉スラグ骨材、フェロニッケルスラグ骨材、銅スラグ骨材および電気炉酸化スラグ骨材の規定があり、それぞれに絶乾密度の下限値が規定されている。

答え(1)

【H27年No.3】の解説をみる(クリックで展開します)

(1)JIS A 1103(骨材の微粒分量試験方法)では、0.075mm(75μm)ふるいを通過する微粒分量を測定する試験です。微粒分量(シルト、粘土など)が一定限度を超えるとコンクリートの乾燥収縮の増加等有害です。
JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)の微粒分量の規定

粗骨材 1.0%以下
細骨材 3.0%以下

※ただし、高炉スラグの細骨材の微粒分は7.0%以下
(2)粗骨材の場合はOK、細骨材は絶乾燥状態
(3)骨材の絶乾密度による3区分:L,M,H
骨材の実積率による2区分:A,B
圧縮強度による4区分:4、3、2、1
単位容積質量による4区分:15、17、19、21
(4)それぞれ骨材の絶乾密度が規定されています。

種類 粗骨材 細骨材
高炉スラグ L:2.2g/cm3以上
N:2.4g/cm3以上
2.5g/cm3以上
フェロニッケルスラグ 2.7g/cm3以上
銅スラグ 3.2g/cm3以上
電気炉酸化スラグ N:3.1g/cm3以上4.0g/cm3未満
H:4.0g/cm3以上4.5g/cm3未満

以上です、覚えることが多くて大変です。。。

タイトルとURLをコピーしました