【天然イースト培養】レーズンおこし【動画あり】

DIY

【動画でわかる】レーズンからイースト菌を培養してみた(天然酵母)

イースト菌は、私たちの生活とは切っても切れない関係にあります。

ビールだけでなく、ワインやパンもイースト菌の力でできています。

イースト菌の学名は「サッカロマイセス・セレビシエ」です。

  • サッカロ :糖(ラテン語)
  • マイセス :菌(ギリシャ語)
  • セレビシエ:ビール(ラテン語)

いざ、レーズンおこし

使うものはこれです。

  • ミネラルウォーター
  • レーズン(オイル不使用)
  • 小さめのペットボトル
  • エアーロック

レーズンの表面にイースト菌が付着しています。オイルコーティングのされていないレーズンを選びましょう。

水とレーズンをペットボトルの中に入れて、エアーロックをするだけで完成です。

エアーロックをする意味は、空気中の菌がペットボトル内部に入って、増殖してしまうのを防ぐためです。

1日目:仕込み完了

仕込は完了です。あとは暖かいところ(冷蔵庫の上など)に置いて待つだけです。25℃~35℃くらいが、実績としては良い温度です。

2日目の様子

まだまだ変化はありません。レーズンが2つぶ浮いてきました。

3日目

だいぶレーズンが浮いてきました。

4日目

動画で発酵中の様子をご覧ください。

イースト菌が発酵して、炭酸を出している様子がわかりますでしょうか。泡が出ています。

大成功!

とても簡単なので、ぜひ試してみてください。

エアーロックの仕組み

以下の動画を参考にしてください。これが欲しい!という方は、コメントにどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました