【沈みひび割れ】とは?-【片押し打ち】すると起こりやすい

沈みひび割れ 診断士

沈みひび割れとは?

打込み後のコンクリートの沈下が鉄筋やセパレータなどによって妨げられ、鉄筋やセパレータに沿って生じるひび割れを言います。

沈みひび割れ

新築の現場管理をしている中で、沈みひび割れが起こっているのを見たことがありませんが、セパレータの下や、上端鉄筋に沿ってひび割れが起こる事例が多いようです。簡易検索で「沈みひび割れ」と検索してみてください。写真を見ると、よりイメージがしやすくなると思います。

コンクリートの打設方法に関しては、片押し打ちをすると起こりやすいことがわかります。ページ下部には打設方法についてのまとめがありますので、参考にしてください。

また、材料分離を起こしやすいコンクリートを使用すると、沈みひび割れが起こりやすいといったことがわかりますので、試験練りの時にそういった目を持つと、品質事故を未然に防ぐことが出来るかもしれませんね!

以下に、沈みひび割れについてまとめます。

問題点

  • 水みちとなり鉄筋腐食が進む
  • 漏水の原因となる
  • 空隙が生じ、耐力低下を引き起こす

原因

  • 片押し打ちをした
  • 締固め時間が短かかった
  • ブリーディング水が多いコンクリートを使用した

対策

  • 回し打ちをして、沈降量を少なくする
  • 上部層と下部層のバイブレーター掛けを十分に行う
  • 単位水量の少ないコンクリートを使用する

打設計画時の注意点

単位水量の少なく、ブリーディング水の少ないコンクリートで、かつ材料分離抵抗性の高いコンクリートを使用します。 また、沈降量の多い片押し打ちを避け、回し打ちを計画します。

打設時の注意点

もし沈みひび割れが発生してしまったら、沈みひび割れは打設後数時間で収束するため、表面のブリーディング水を 取り除き、十分にタンピング(コテやトンボで軽くたたいて成型すること)など、再振動を与えることで丁寧にひび割れを修復します。

片押し打ちと回し打ち

片押し打ちと回し打ち

片押し打ち

  • 一方の打込高さが高くなり、型枠に大きな圧力がかかる
  • 型枠のはらみが生じやすい
  • ブリーディングが大きくなり、沈みひび割れの原因となる

回し打ち

  • 型枠に大きな圧力がかかりにくい
  • 型枠のはらみが生じにくい
  • 打ち重ね時間間隔が大きくなるとコールドジョイントが発生しやすい
タイトルとURLをコピーしました