【コア強度】とは?円柱形の供試体は1:2のサイズ感が大切

供試体 診断士

コンクリートコア供試体の<圧縮>強度

大学の構造実験で、コンクリートの供試体を圧縮試験機にかけて圧縮強度を測定したことがあります。圧縮する際に力を加える速度が速すぎると、実強度よりも強く測定されてしまうことや、コンクリートが整形されていないと思わぬひびが入り、実強度よりも低く測定されてしまうなど、コツが必要な実験だったことを覚えています。

実務上では第三者機関に圧縮強度試験を委託すると思いますので、上記のような問題は起きないと思いますが、100%確実な強度を測定できるわけではないということを覚えておくと、役に立つかもしれません。

コンクリートの強度=圧縮強度のことを差します。コンクリートの引張強度は、圧縮強度の1/10程度で、構造計算上の耐力にも、コンクリートの引張強度は算入しません。

供試体

JIS(JIS A 1107)によるコア供試体の規格

コアの採取時期

  • 材齢14日以降
  • 圧縮強度15N/mm2

コアの直径(d)

  • 粗骨材の最大寸法の3倍以上
  • コア供試体の上下高さの 1/4 付近及び高さの中央付近で、互いに直交する 2 方向の直径を 0.1 mm まで測定し、その平均値を供試体の平均直径とする

コアの高さ(h)

  • 4箇所で0.1mmまで測定し、最大値と最小値の平均値を供試体の平均高さとする
  • コアの平行度は平均高さ±1.0mm以下とする。(※並行度:平均高さと最大高さおよび最小高さの差)

直径と高さ

  • 高さと直径の比(h/d)は1.90~2.10、それ以外は補正係数kを強度に乗じる
  • h/dは1.00を下回ってはいけない
高さと直径の比(h/d) 補正係数k
2.00 1.00
1.75 0.98
1.50 0.96
1.25 0.93
1.00 0.87

※補正係数kの補完の仕方 例:h/d=1.21 のとき
0.87+(0.93-0.87)×0.21/0.25=0.92 となる

コアの形状

  • コア供試体の端面とコアの軸とのなす角度が90°±0.5°になるように整形する
  • コア供試体の両端面の平面度は、直径の0.05%以内

試験方法

  • コア供試体は試験のときまで20±2℃の水中に40時間以上漬けておくと、試験時に供試体の乾湿の条件をほぼ一定にすることができる
タイトルとURLをコピーしました