建築(建築資格)

主任技士

【シューハート管理図】8つの異常判定ルール

シューハート管理図とは? JIS Z 9020-2に規定され、ほぼ規則的な間隔でサンプリングを行いデータを収集します。収集したデータの一定個数を「群」と呼びます...
主任技士

【オートクレーブ養生】とは?PHC杭の製造等につかわれます。

音声学習用動画のご紹介 運動や通勤をしながら、このページの内容を聞けるように、動画を作成しました。ぜひ、ご視聴お願いいたします。 オートクレーブ養生とは 高温高...
主任技士

【セメントのJIS規格】一覧表と主任技士過去問

コンクリート主任技士試験の過去問を学習する中で、セメントのJIS規格の一覧表があれば便利だと思いましたので、作成いたしました。 主任技士試験の過去問にも出題され...
主任技士

なぜ生コンには【せっこう】を入れるのか。

せっこう(硫化カルシウム)の化学式:CaSO4 化学式から、せっこうはカルシウムイオンと硫酸イオンが結合した、硫酸塩の一種であることが分かります。コンクリート硬...
建築士

なぜ矩形断面のせん断変形の【形状係数κが1.2】なのか

RC部材の構造解析を行う際、多くの場合は、せん断変形を考慮せずに行いますが、FEM解析等で詳細検討する際やせん断変形が無視できない場合には、【形状係数κ】を用い...
建築士

【RC梁部材の曲げ復元力特性】初期剛性~ひび割れ剛性~降伏後の剛性

建築物が地震による水平力を受ける場合、下図のような曲げ応力が生じることを仮定して、構造計算が行われます。 今回の記事では、この時の梁部材に着目し、どのようなモデ...
主任技士

【線膨張係数とひずみと応力】主任技士過去問を例に(図で解説)

線膨張係数とは? 温度の上昇に対応して、長さが変化する割合を線膨張率(線膨張係数)と言います。 このページでは、主任技士の過去問で出題された、線膨張係数に関する...
主任技士

【建物のひびの入り方】主任技士試験過去問を例に(図で覚える)

コンクリート主任技士試験に限らず、一級建築士の試験やコンクリート診断士の試験でも出題される可能性がある<建物のひびの入り方> なんとなく分かるけど、しばらく問題...
技術士

【施工計画関連キーワード】主に多様な入札方式について(技術士試験学習7)

<建設現場の三大災害> 1.墜落・転落災害 2.建設機械・クレーン等災害 3.崩壊・倒壊災害 <液状化の原理と対策方法> 1.液状化の原因 a.地盤内の密実でな...
技術士

【国土交通白書について】覚えておく箇所~我が国を取り巻く環境~(技術士試験学習6)

国土交通白書の内容について、学習記録を記します。 出典:国交省ホームページ() ボリュームが多いため、今回は第1章第1節のみの掲載です。 <第1章 これまでの我...