【原価200円】ビールを作る(続き)

ビール

【激安ビールの作り方(麦芽と天然酵母使用)その味は!?

原価200円で1.5リットルのビールを作ることに挑戦しました。今回は、出来上がったビールの味を確かめてみたいと思います。

原価200円ビールに挑戦【失敗=えぐみがすごくて不味い】

結果は失敗です

注いだビールを口元に持っていったときは、バナナのようなフルーティーな香りがしたため、非常に期待度が上がりましたが、味は残念な結果です。

一番ダメだった点は、あと味がくそまずいということです。今までで飲んだビールの中でダントツに後味が悪いです。

あと、最後の香り付けホップの量が少なかったためか、ビールらしい香りが弱く、ビール好きにはとっても物足りなく感じました。

この動画で使用している材料

  • 2リットルミネラルウォーター(水道水でもOK!):0円
  • 粉砕麦芽350g:110円
  • ホップペレット5g:80円
  • アイリッシュモス3g:10円くらい
  • レーズンから培養したイースト:0円

今回の実験は、原価を抑えてビールを作る方法について、ご紹介しました。

良かった点は?

麦芽+天然酵母(レーズンおこしで培養したイースト)の組合せでもビールを作ることが可能であることがわかりました。

泡持ちという点では、市販のモルト缶+イーストで作った時よりも良い感じだったかもしれません。

今回のビールの香りについて

”バナナ”のようなフルーティーな香りがしましたが、これは「エステル」という物質が発酵によって生成されたことで発生したようです。イースト菌の種類によって、このエステルを発生させる量が異なります。

”ヴァイツェン”というビールは、”バナナ”のようなフルーティーな香りを特徴とし、苦みを抑えているので、ビールが苦手な方でも飲みやすいものとなっております。

ヴァイツェン:小麦(ドイツ語)

今回の実験は、味は失敗でしたが、香りという点では面白い結果となりました。私の考えでは、レーズンから培養した”イースト”が良くない味を出したものと考えています。次回は、市販のビール用イーストで、同じ方法でビールを仕込んでみようと思います。

タイトルとURLをコピーしました