【麦芽からビール】保温鍋とペットボトルで気軽に自作ビール

ビール

概要

自作ビールでは、モルト缶を用いて、10ℓ以上の発酵容器を使用することが一般的です。しかし、筆者は、もっと本格的なビール造りを短いスパンで楽しみたいという思いが強かったため、麦芽を原材料として、ペットボトルで発酵する方法を考案しました。

麦芽からビールを造る方法は、温度管理(インフュージョン法)に非常に手間が掛かるため、保温鍋を活用した手間が掛からない方法も考案しました。

インフュージョン法

このページでは、筆者が考案した麦芽から手軽にビールを造る方法をご紹介します。

材料と道具

材料

  • 水:2ℓ
  • 食用硫酸カルシウム:小さじ1
  • 麦芽:350g
  • ホップペレット:おおさじ2
  • 精製カラギナン:みみかき1
  • ビールイースト:小さじ1

道具

  • 保温鍋(シャトルシェフ2.7ℓ)
  • 2ℓペットボトル
  • 温度計
  • ざる
  • 粉ふるい
  • じょうご
  • エアーキャップ

注意点

失敗しないためのコツは3つです。

  1. 道具を洗剤でしっかり洗う(殺菌)
  2. 水のpH(ペーハー)を調整する(弱酸性:5.5くらい)
  3. 温度管理をしっかり(麦芽は65℃以下)

【注意】日本国内で度数1%以上のお酒をつくることは、種税法違反になります。砂糖の量と発酵時間の管理を厳密に!

STEP1ー水のpH調整

保温鍋に水を入れます。

小さじ1程度の「硫酸カルシウム」を入れて、よくかき混ぜます。

pH試験紙で確認すると、5~6の間の黄緑色になったことがわかります。

【ここ重要!】pHを調整しないまま麦芽を入れると、麦芽のエグミ成分(タンニン)などが溶け出し、おいしくないビールになってしまいます。

STEP2ー50℃まで加熱

pH調整後の水を火にかけ、50℃になるまで加熱します。

【ここ重要!】温度管理は厳密に行ってください。例えば50℃の意味は「たんぱく休止」で、ビールのうまみにかかわってきます。

STEP3ー麦芽投入

350g測った麦芽(クラッシュグレイン)を鍋に入れます。

STEP4ープロテインレスト

鍋に入れたら30分間保温鍋で保温します。

STEP5ー63℃まで加熱

30分の保温後は、63℃まで温度を上げます。63℃の意味は、αアミラーゼとβアミラーゼという酵素を活性化させ、たんぱく質を糖へ分解させるためです。

STEP6ーデンプン糖化

63℃まで加熱したら、30分間保温鍋で保温します。

保温後、でんぷんが糖へ分解されたか、ヨードチンキで確認してみましょう。薬局で売ってます。(ヨードチンキは水で薄めてから使ってください。)

デンプンが残っていると、上の写真のように青紫色になります。

STEP7ー煮込み工程

デンプンが分解したら、ざるとふるいを使って煮込み液を濾します。

煮込み工程で、ホップペレットを投入します。お茶パックに入れてから投入すると、後で濾さずに済むので楽です。

沸騰直前にあくが大量に出るので、あくを取り除いてください。エグミのもとになります。その後、沸騰し始めたら15分間煮込んでください。30分以上煮込んだ方が良いというのが一般的ですが、私の経験上、15分間煮込めば十分にホップの苦み成分が抽出されます。

STEP8ー仕上げ工程

澄んだビールを造るため、精製カラギナンを投入します。

【ココ注意!】必ず水に溶かしてから精製カラギナンを投入します。また、みみかき1杯程度の量を守ってください。入れすぎると、煮込み液がすべてゼリー状になり、廃棄する羽目になります。

香り付け用のホップを投入します。煮込むと苦みは抽出されますが、香りは飛んでしまうため、仕上げ工程で香り付け用として追加します。

精製カラギナンと香り付け用のホップを投入したら、1分間だけ煮込みます。

煮込んだら、ホップを取り出します。

STEP9ー冷却工程

煮込んだ液を素早く冷やします。水を張り、鍋ごと投入する方法が簡単だと思います。15分ほどつけておけば、十分冷却されます。

STEP10ー一次発酵

ビールイーストは38℃以上で死滅してしまうといわれていますので、念のため温度を確認してください。私の経験上では、45℃でも問題なく発酵しましたが、保証はできません。

十分に冷却したら、ペットボトルへじょうごを使って移します。

ビールイーストを入れます。予備発酵をする必要はありません。そのまま容器の中へ入れます。ビールイーストの種類は豊富です。好きなものを選んでいろいろ試してみましょう。

最後に、空気中の雑菌が入らないように、エアーキャップをして作業完了です。

おまけー一次発酵の様子

ビールイーストは、発行開始から12時間は呼吸をしながら増殖し、その後4日までは、アルコールと炭酸を生成しながら増殖します。

発酵は約1週間で落ち着きます。

動画紹介

このページの内容を分かりやすくまとめた動画となります。ぜひご視聴とチャンネル登録をおねがいいたします!

【麦芽からビール】保温鍋+ペットボトル(簡単ノウハウ公開)
タイトルとURLをコピーしました