【コンクリート主任技士過去問解説】平成25年度No11~15

主任技士過去問解説

コンクリート主任技士過去問 問題と解説

【平成25年度―問題11】

フレッシュコンクリートの試験に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか

(1)スランプ試験は、スランプが5~18cm程度のコンクリートのコンシステンシーを評価する試験として適している。

(2)振動台式コンシステンシー試験は、硬練りコンクリートのコンシステンシーを評価する試験として用いられ、振動に伴う変位量を測定する。

(3)高流動コンクリートの塑性粘度は、500mmフロー到達時間および漏斗の流下時間と関係があり、塑性粘度が高くなると、500mmフロー到達時間および漏斗の流下時間は長くなる。

(4)軟練りコンクリートの降伏値は、スランプおよびスランプフローと密接な関係があり、降伏値が大きくなると、スランプおよびスランプフローは小さくなる。

クリックで【平成25年度―問題11】の解答と解説をみる

正解(2)

(1)問題の通りです。コンシステンシーとは、”かたさ”や”粘度”などの意味で、フレッシュコンクリートの変形や流動に対する抵抗性のことを差します。

(2)振動台コンシステンシー試験は、振動に伴う沈下量を測定します。

(3)問題の通りです。

(4)問題の通りです。

【平成25年度―問題12】

コンクリートの凝結に関する次の一般的な記述のうち、適当なものはどれか

(1)骨材中のフミン酸やタンニン酸などの有機不純物は、水酸化カルシウムと化合して有機酸石灰塩を生じるので、その量が多いと、コンクリートの凝結が妨げられる。

(2)海砂や海水中に含まれる塩化ナトリウムは、セメント粒子の表面に吸着することで水和反応を妨げ、コンクリートの凝結を遅らせる。

(3)超遅延剤は、亜硝酸化合物や硝酸化合物を主成分とし、セメント粒子の表面に吸着して、水とセメントの接触を一時的に遮断することによって、コンクリートの凝結を遅らせる。

(4)硬化促進剤は、オキシカルボン酸やけいフッ化物を主成分とし、セメントから溶出する水和生成物の形成を促進することによって、コンクリートの凝結を早める。

クリックで【平成25年度―問題12】の解答と解説をみる

正解(1)

(1)問題文の通り。

(2)塩化ナトリウムは凝結を早めます。凝結を遅らせるのは糖類やフミン酸ナトリウムです。

(3)硝酸化合物や亜硝酸化合物は硬化促進剤として用いられます。

(4)超遅延剤は、オキシカルボン酸塩を主成分とする有機系とフッ化物を主成分とする無機系があります。

【平成25年度―問題13】

コンクリートの空気量および空気泡に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか

(1)細骨のうち、0.3~0.6mmの割合が多いと空気泡は連行されやすく、0.15mm以下の部分が多いと空気泡は連行されにくい。

(2)エントレインドエアは、その径が25~250μm程度の微小な独立した空気泡で、耐凍害性を向上させるとともに、コンクリート中でボールベアリングのような働きをするため、ワーカビリティを改善させる。

(3)60N/mm2を超えるような高強度コンクリートでは、空気連行による減水効果より、強度低下の影響の方が大きくなるので、凍害の危険が小さい場合には目標空気量を小さく設定するのがよい。

(4)粗骨材の最大寸法を小さくすると、骨材の表面積が増し、流動性が低下するので、同じ流動性を得るためにモルタル量が増加し、空気量が増大する。

クリックで【平成25年度―問題13】の解答と解説をみる

正解(4)

(1)問題文の通り。

(2)問題文の通り。

(3)問題文の通り。

(4)粗骨材の最大寸法が小さくなると、モルタルペースト分が多くなり、気泡間隔係数を一定値以下にするための空気量は多くなります。

【平成25年度―問題14】

コンクリートの強度および弾性係数に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか

(1)直径が150mmで高さが300mmの円柱供試体と1辺が150mmの立方供試体の圧縮強度の試験値は、立方供試体の方が大きく、圧縮強度が大きくなるほど、その試験値の比は1に近づく。

(2)圧縮強度は、同一水セメント比の場合、粗骨材として川砂利を用いた場合より、粗な表面性状を有する砕石を用いた方が10~20%程度大きくなる。

(3)コンクリートの静弾性係数は、計測したコンクリートの応力―ひずみ関係において、最大荷重の1/3に相当する応力点と50×10-6のひずみが生じたときの応力点を結んだ直線の勾配で表される。

(4)コンクリートの応力―ひずみ関係において、接線弾性係数は、応力が大きくなるに従い大きな値となる。

クリックで【平成25年度―問題14】の解答と解説をみる

正解(4)

(1)問題文の通り。

(2)問題文の通り。

(3)問題文の通り。

(4)接線弾性係数は、応力-ひずみ関係の傾きです。下図のように応力が大きくなるほど傾きは小さくなります。

【平成25年度―問題15】

下図は、秋期に、膨張材を用いたコンクリートを厚さが50cmで高さが5mの壁に打ち込んだ場合の、中心のコンクリート温度と無応力状態におけるひずみを2年間計測した結果を模式的に示したものである。この図に示す(1)~(4)のうち、膨張材の効果が直線の傾きに影響を与えている部分を示すものとして、適当なものはどれか

クリックで【平成25年度―問題15】の解答と解説をみる

正解(1)

膨張材は硬化初期段階(材齢1日~7日)で膨張するため、長期における収縮を低減し、ひび割れを抑制します。

音声学習用動画のご紹介

このページの問題を、通学や運動をしながら学習できるように、一問一答形式の音声用教材を作成しました。ぜひ、ご視聴とチャンネル登録をお願いします!

【音声教材】一問一答!No.3(コンクリート技士・主任技士試験対策)
タイトルとURLをコピーしました