【コンクリート主任技士過去問解説】平成30年度No16~20

主任技士過去問解説

コンクリート主任技士過去問 問題と解説

【平成30年度―問題16】

コンクリートの養生に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか

(1)膨張材を用いたコンクリートは乾燥収縮を低減できるので、材齢初期における湿潤養生期間を短縮してよい。

(2)大断面の底盤からから立ち上がる厚さ1mの壁体において、ひび割れの発生を少なくするため、内部温度が最大に達した後も脱型せずに、しばらく型枠を残しておくのがよい。

(3)高強度コンクリートでは、コンクリート表面からの水分蒸発を抑制し、プラスティック収縮ひび割れを防止するため、打ち込み終了後直ちに幕養生剤を散布し仕上げるのがよい。

(4)コンクリートの打ち込み後は、コンクリート露出面の表面を荒らさないで作業ができる程度に硬化した後に、なるべく早くコンクリートの表面を養生マットで覆うのがよい。

クリックで【平成30年度―問題16】の解答と解説をみる

正解(1)

(1)膨張材は、酸化カルシウムと水が反応して、水酸化カルシウムの結晶が成長することで性能を発揮します。夏期は5日、冬期は7日は湿潤養生期間が必要です。

(2)問題の通りです。型枠を残すことで、外部と内部の温度差を小さくします。

(3)問題の通りです。

(4)問題の通りです。

【平成30年度―問題17】

型枠および支保工に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか

(1)透水性型枠を用いると、型枠近傍の水セメント比が小さくなることから、コンクリート表層部の組織が緻密となり耐久性の向上が図れる。

(2)労働安全衛生総合研究所(旧厚生労働省産業安全研究所)では、型枠がほぼ水平で工場製作精度で支保工を組み立てる場合の水平方向荷重は、鉛直方向荷重の1.0%とすることを推奨している。

(3)JASS5によれば、スラブ下および梁下の支保工の存置期間は、構造体コンクリートの圧縮強度がその部材のコンクリートの設計基準強度に達したことが確認されるまでとなっている。

(4)土木学会示方書によれば、橋や建物等のスラブおよびはりの下面において、型枠および支保工を取り外してよい時期のコンクリートの圧縮強度は14.0N/mm2となっている。

クリックで【平成30年度―問題17】の解答と解説をみる

正解(2)

(1)問題文の通り。透水性型枠を用いると、型枠表面のブリーディング水が排出され、コンクリート表層の水セメント比が小さくなり、組織が緻密となり、耐久性の向上が図れます。

(2)誤り。スランプまたは空気量が不合格だった場合、1回だけ再試験を行うことが出来ます。再試験時には、スランプと空気量の両方の規定を満足しなければなりません。

(3)問題文の通り。あるいは構造計算により安全が確認できる強度が得られた場合となっています。

(4)問題文の通り。

【平成30年度―問題18】

鉄筋工に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか

(1)土木学会示方書では、かぶりはフーチングおよび構造物の重要な部材でコンクリートが地中に直接打ち込まれる場合は75mm以上、水中で施工する構造物の場合は100mm以上としている。

(2)JASS5では、設計かぶり厚さは、最少かぶり厚さを確保するため施工誤差を考慮して定められた設計地であり、最少かぶり厚さの値に原則として10mmを加えた値である。

(3)JASS5では、異形棒鋼SD490を主(鉄)筋に使用する場合、鉄筋の末端部の折曲げ角度は90°を原則としている。

(4)モルタル充填継手は、重ね継手部分の隙間に高強度で無収縮のモルタルを充填し、モルタルのせん断強度により力を伝達している。

クリックで【平成30年度―問題18】の解答と解説をみる

正解(4)

(1)問題の通りです。

(2)問題の通りです。

(3)問題の通りです。90°を超える折曲げ加工をする場合は、事前に鉄筋の曲げ試験を行い、支障ないことを確認し、監理者の承認を得なけらばなりません。

(4)誤り。重ね継手部分ではなく、突合せ部分です。

【平成30年度―問題19】

下図は、一般のコンクリート、転圧コンクリート舗装(RCCP)用コンクリート、水中不分離性コンクリート、高強度コンクリート、ダムコンクリート(有スランプ内部コンクリート)の配(調)合を容積百分率で示したものである。下図のa~dのうち、転圧コンクリート舗装(RCCP)用コンクリートの配(調)合として、適当なものはどれか

(1)a

(2)b

(3)c

(4)d

クリックで【平成30年度―問題19】の解答と解説をみる

正解(3)

まず、RCCP用コンクリートは単位水量が少ない点に着目し、aかcに絞ります。これでダムコンクリートかRCCP用コンクリートかの2択になります。

(1)aは粗骨材の量が多く、細骨材の量が少ないことから、最大粗骨材寸法の大きいコンクリートを使用しているダムコンクリートであることが分かります。

(2)bの高強度コンクリートは、セメント量を多くし、単位水量を少なくするため、流動性を確保するために細骨材の割合が大きくなることが特徴です。

(3)cはaとcの消去法でRCCP用コンクリートとなります。単位水量が小さいコンクリートです。

(4)dの水中不分離コンクリートは薬剤を多く配合するため、単位水量が大きいことが特徴です。

【平成30年度―問題20】

寒中コンクリートに関する次の記述のうち、不適当なものはどれか

(1)打込み終了時までの1時間あたりの温度低下を、コンクリート温度と外気温の差の15%としてコンクリートの練上がり温度を設定した。

(2)積算温度方式に基づいて算定すると、日平均温度が5℃で14日間養生したコンクリートの圧縮強度の推定値は、日平均温度が7℃で10日間養生した場合の推定値と同じとなる。

(3)打込み時に所要のコンクリート温度を確保するため、コンクリートを製造する際に、骨材の貯蔵設備内の配管にスチームを通すことにより、骨材の温度を40℃とした。

(4)打ち込んだコンクリート表面が乾燥しないようにするため、ヒーターによる加熱養生(給熱養生)を行う期間中は、コンクリート表面が湿っている程度に散水した。

クリックで【平成30年度―問題15】の解答と解説をみる

正解(2)

(1)問題の通りです。

(2)積算温度Σ=日数d×(10+日平均温度t)
①Σ1=14×(10+5)=210
②Σ2=10×(10+7)=170
①と②は異なることがわかります。

(3)問題の通りです。

(4)問題の通りです。

タイトルとURLをコピーしました