【診断士の問題と解説】1日5問!(Vol.26)調査、規格

コンクリート診断士 問題と解説Vol.26

【問126_調査】

400万正方画素(2000×2000画素)のデジタルカメラでコンクリート表面の1m×1mの範囲を撮影したときのデジタル分解能として、次の(1)~(4)のうち、適当なものはどれか

(1)0.50mm

(2)0.40mm

(3)0.25mm

(4)0.20mm

クリックで【問題126】の解答と解説をみる

正解(1)

2000×2000画素のデジタルカメラは、撮影範囲の縦と横の両方を2000分割したデジタル分解能を持ちます。1m=1000mmを2000分割すると、1000mm/2000=0.50mmとなることから、撮影したときのデジタル分解能は0.5mmとなります。

【問127_規格】

JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)の改正が行われた年代と改正の内容(A)~(D)との次の組合せのうち、適当なものはどれか

(A)コンクリートの強度を「呼び強度」で区分した。

(B)「アルカリ骨材反応抑制方法」が規定された。

(C)購入者が指定できる事項に「単位水量の上限値」が規定された。

(D)コンクリート中の「塩化物量の限度」が規定された。

(A)~(D)と対応した年代
1970年代① 1980年代 1990年代
(1) (A) (C)、(D) (B)
(2) (A) (B)、(D) (C)
(3) (D) (A)、(C) (B)
(4) (D) (A)、(B) (C)
クリックで【問題127】の解答と解説をみる

正解(2)

【問128_調査】

コンクリート構造物の劣化調査を開始するにあたり、コンクリートの記録が得られない場合の判断に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか

(1)調査対象の構造物が1940年に建設されたものだったので、コンクリートにはAE剤が使用されていないと判断した。

(2)調査対象の構造物が1965年に建設されたものだったので、コンクリートのアルカリ総量は考慮されていないと判断した。

(3)西日本地区にある調査対象の構造物が1970年に建設されたものだったので、コンクリートには海砂が使用された可能性があると判断した。

(4)調査対象の構造物が1990年に建設されたものだったので、コンクリートには反応性骨材が使用されていないと判断した。

クリックで【問題128】の解答と解説をみる

正解(4)

(1)問題のとおりです。日本では、第二次世界大戦後の1948年にAE剤が導入されたのが始まりとされています。次いで、1950年代初頭にリグニンスルホン酸塩ならびにその誘導体、オキシカルボン酸塩などを主成分とする減水剤・AE減水剤が導入され始めました。

(2)問題のとおりです。アルカリ総量規制(3.0kg/m3)は1986年(昭和61年)に施行されました。

(3)問題のとおりです。塩化物総量規制(0.30kg/m3(無筋では0.60kg/m3))は1986年(昭和61年)に施行されました。

(4)誤りです。ASRの対策で、無害な骨材を使用することだけではなく、無害でない骨材を使用する場合は、混合セメント等の対策を講じるとされています。年代だけでは、反応性骨材を使用していないと判断できません。

【問129_話題】

次の(1)~(4)に示す年代とコンクリートに関連する話題の組合せとして、不適当なものはどれか。ただし、コンクリートに関連する話題の記述に誤りはないものとする。

年代 コンクリートに関する話題
(1) 1970年代 海砂による内在塩化物による塩害が問題となり、JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)では、塩害抑制対策のために、細骨材の絶乾重量に対する塩分量(NaCl換算)の許容限度が示された。
(2) 1980年代 海岸付近のコンクリート構造物の塩害が顕在化し、また、アルカリ骨材反応の問題も表面化し、コンクリート構造物の耐久性低下が「コンクリートクライシス」として報道された。
(3) 1990年代 建設省通達「アルカリ骨材反応暫定対策」において、骨材の選定、低アルカリ形のセメント、抑制効果のある混合セメントの使用、コンクリート中のアルカリ総量の抑制の4つの対策が示された。
(4) 2000年代 コンクリートのひび割れ抑制や耐久性向上の観点から、国土交通省通達「レディーミクストコンクリートの品質確保について」の中で、コンクリートの単位水量の定量的な管理方法が示された。
クリックで【問題129】の解答と解説をみる

正解(3)

(1)問題のとおりです。1974年:土木学会示方書では、海砂に含まれる塩化物の許容限度の標準は、海砂の絶乾重量に対し塩化ナトリウムに換算して0.1%とされました。
1975年:JASS5では海砂に含まれる塩化物の許容限度の標準は、海砂の絶乾重量に対し塩化ナトリウムに換算して0.04%とされました。

(2)問題のとおりです。1984年(昭和59年)にNHKで報道された「コンクリートクライシス」により、塩害、ASRの早期劣化が社会問題となり、国会でも取り上げられました。

(3)誤りです。1986年に、建設省通達「アルカリ骨材反応暫定低策について」ASRの4つの対策が示されました。なお、4種類の対策いずれでもよいとされ、優先順位はありません。
・骨材の選定
・低アルカリ形セメントの使用
・抑制効果のある混合セメント等の使用
・アルカリ総盤の抑制

(4)問題のとおりです。国土交通省通達「レディーミクストコンクリートの品質確保について」は2004年に出されました。

【問130_規格】

アルカリシリカ反応に関連したa~dのJIS規格と、その制定または改正が行われた年代に関する次の(1)~(4)の組合せのうち、適当なものはどれか

a JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)が改正され、アルカリ骨材反応の抑制対策の方法が付属書に織り込まれた。

b JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)の付属書が改正され、ポルトランドセメント(低アルカリ形)がアルカリ骨材反応の抑制対策の方法から削除された。

c JIS A 1804(コンクリート生産工程管理用試験方法-骨材のアルカリシリカ反応性試験方法(迅速法))が制定された。

d JIS A 6204(コンクリート用化学混和剤)が改正され、全アルカリ量の規定が追加された。

1980年代① 1990年代 2000年代
(1) d a b、c
(2) c a、d b
(3) a、d c b
(4) b a、d c
クリックで【問題130】の解答と解説をみる

正解(3)

a 1986年

b 2003年

c 1992年

d 1987年

タイトルとURLをコピーしました