【コンクリート主任技士過去問解説】平成23年度No26~30

主任技士過去問解説

コンクリート主任技士過去問 問題と解説

【平成23年度―問題26】

海水の作用を受けるコンクリート(海洋コンクリート)に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか

(1)海上大気中にある構造物では、常時海水中にある構造物に比べ、コンクリート中の鉄筋がさびにくいため、水セメント比を55%とした。

(2)耐硫酸塩ポルトランドセメントは、硫酸塩に対する抵抗性は優れているが。鉄筋の腐食防止効果が劣ることがあるので、海洋環境下における鉄筋コンクリートへの作用には注意が必要である。

(3)塩分の飛来が予想されたため、アルカリシリカ反応の抑制対策として、コンクリート中のアルカリ総量規制によらず、安全と認められる骨材を使用することとした。

(4)やむを得ず打継ぎを設ける場合でも、最高潮位から上60cmと最低潮位から下60cmとの間の感潮部分には、打継を設けないこととした。

クリックで【平成23年度―問題26】の解答と解説をみる

正解(1)

(1)飛沫滞と呼ばれる部分は、錆が生じやすいです。詳しくはこちらのページを。

(2)問題文の通り。

(3)問題文の通り。

(4)問題文の通り。

【平成23年度―問題27】

高流動コンクリートに関する次の記述のうち、不適当なものはどれか

(1)降伏値は小さいが塑性粘度が大きいので、理論吐出圧力の大きなコンクリートポンプを選定した。

(2)流動性の保持時間は温度条件によって変化するので、高性能AE減水剤の種類や添加量により、流動性の保持時間を調整した。

(3)材料分離抵抗性を高めるため単位粉体量を多くしているので、練混ぜ時間を、一般のコンクリートよりも長く設定した。

(4)材料分離を起こすことなく著しく流動性を高めているので、打込みの時の自由流動距離の制限がない。

クリックで【平成23年度―問題27】の解答と解説をみる

正解(4)

(1)問題の通りです。

(2)問題の通りです。

(3)問題の通りです。

(4)高流動コンクリートの自由流動距離の制限は20mです。

【平成23年度―問題28】

鉄筋コンクリートはりの曲げ載荷試験において、下図の荷重―たわみ(P―δ)曲線を得た。この図のa~c点で生じている現象として、適当なものはどれか

a点 b点 c点
(1) 引張鉄筋の降伏 曲げひび割れの発生 コンクリートの圧壊
(2) 引張鉄筋の降伏 コンクリートの圧壊 曲げひび割れの発生
(3) 曲げひび割れの発生 引張鉄筋の降伏 コンクリートの圧壊
(4) 曲げひび割れの発生 コンクリートの圧壊 引張鉄筋の降伏
クリックで【平成23年度―問題28】の解答と解説をみる

正解(3)

【平成23年度―問題29】

鉄筋コンクリート部材の設計の行為に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか

(1)鉄筋コンクリート部材を、せん断破壊よりも曲げ破壊が先行するように設計した。

(2)鉄筋コンクリートはりのせん断耐力を増加させるために、同一断面積で同一強度のスターラップ(あばら筋)の配置間隔を狭くした。

(3)鉄筋コンクリートはりのせん断耐力を増加させるために、引張主(鉄)筋を高強度鉄筋に変更した。

(4)鉄筋コンクリート柱のじん性を向上させるために、フープ(帯筋)の配置間隔を狭くした。

クリックで【平成23年度―問題29】の解答と解説をみる

正解(3)

(1)問題の通りです

(2)問題の通りです。

(3)誤り。引張主(鉄)筋を高強度鉄筋に変更すると、曲げ耐力を増加させることになります。

(4)問題の通りです。

【平成23年度―問題30】

プレストレストコンクリートに関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか

(1)鉄筋コンクリート部材と比べて部材断面を小さくできるので、自重が支配するようなスパンが大きな構造に有利である。

(2)導入したプレストレスを保持させるためには、コンクリートの乾燥収縮やクリープは小さい方が望ましい。

(3)ポストテンション方式では、シースとPC鋼材の隙間にグラウトを注入し、PC鋼材を防食するとともに、PC鋼材とコンクリート間の付着を確保している。

(4)プレテンション方式では、コンクリート打込み後にPC鋼材を緊張し、コンクリートの端部で定着することによって、プレストレスを導入している。

クリックで【平成23年度―問題30】の解答と解説をみる

正解(4)

(1)問題の通りです

(2)問題の通りです。

(3)問題の通りです

(4)プレテンション方式ではなく、ポストテンション方式の説明です。

タイトルとURLをコピーしました