【診断士の問題と解説】1日5問!(Vol.30)反発硬度法、サーモグラフィー

コンクリート診断士 問題と解説Vol.30

【問146_反発硬度法】

コンクリートの反発度の測定に関する次の記述のうち、JIS A 1155:2003「コンクリートの反発度の測定方法」に照らし、誤っているものはどれか

(1)打撃回数500回ごとに、リバウンドハンマーの点検を行った。

(2)点検時の反発度が製造時から2%変化したリバウンドハンマーを用いて測定を行った。

(3)厚さが90mmの壁のコンクリート表面で測定を行った。

(4)1か所の測定において、互いに30mmの間隔をもった9点について測定を行った。

クリックで【問題146】の解答と解説をみる

正解(3)

(1)問題のとおりです。リバウンドハンマーは500回の打撃ごとに点検を行います。

(2)問題のとおりです。点検結果がリバウンドハンマーの製造時反発度から3%以上異なっている場合は用いてはならないとされています。

(3)誤りです。測定は、厚さが100mm以上をもつ床版や壁部材、または、一片の長さが150mm以上の断面をもつ柱やはり部材のコンクリート表面とします。

(4)問題のとおりです。1箇所の測定では、互いに25~50mmの間隔をもった9点について測定を行います。

【問147_反発硬度法】

リバウンドハンマーを用いたコンクリートの反発度の測定に関する次の記述のうち、JIS A 1155:2003「コンクリートの反発度の測定方法」に照らして、適当なものはどれか

(1)テストアンビルを用いたリバウンドハンマーの点検において、反発度が製造時の90%であったので、そのままこのハンマーを用いた。

(2)1か所の測定は、互いに25~50mmの間隔をもった9点で行った。

(3)柱中央部の測定が困難であったので、柱の縁部から30mm離れた位置を測定点とした。

(4)測定面に対して垂直に打撃できなかったので、斜め方向に打撃した。

クリックで【問題147】の解答と解説をみる

正解(2)

(1)誤りです。点検結果がリバウンドハンマーの製造時反発度から3%以上異なっている場合は用いてはならないとされています。

(2)問題のとおりです。1箇所の測定では、互いに25~50mmの間隔をもった9点について測定を行います。

(3)誤りです。測定は、縁部から50mm以上離れた位置とします。

(4)誤りです。打撃は、測定面に対して垂直に行います。

【問148_反発硬度法】

JIS A 1155:2003「コンクリートの反発度の測定方法」に準拠してコンクリートの反発度(R)測定した。以下の記述中の(A)と(B)に当てはまる語句として、次の(1)~(4)の組合せのうち、適当なものはどれか。ただし、コンクリートの圧縮強度は測定場所によって変わらないものとする。

床版下面を真上に向かって打撃した場合、床版上面を真下に向かって打撃した場合よりもRは(A)。また、濡れているコンクリート表面を打撃した場合、乾燥している表面を打撃した場合よりもRは(B)。

(A) (B)
(1) 大きい 小さい
(2) 大きい 大きい
(3) 小さい 小さい
(4) 小さい 大きい
クリックで【問題148】の解答と解説をみる

正解(1)

(A)真上に向かって打撃した場合、真下に向かって打撃した場合よりも反発度Rは、大きくなります。

(B)濡れているコンクリート表面を打撃した場合、乾燥している表面を打撃した場合よりも反発度Rは小さくなります。

【問149_反発硬度法】

コンクリートの反発度の測定に関する次の記述のうち、JIS A 1155:2003「コンクリートの反発度の測定方法」の規定に照らして、誤っているものはどれか

(1)環境温度が35℃の条件において、測定を行った。

(2)測定面に浮き水があったので、測定に先立ちこれを取り除いた。

(3)測定点の間隔を40mmとした。

(4)測定した値の偏差が平均値の25%であったので、測定値として採用した。

クリックで【問題149】の解答と解説をみる

正解(4)

(1)問題のとおりです。環境温度は、0~40℃の範囲内で測定を行います。

(2)問題のとおりです。浮き水がある場合は取り除き、コンクリート面の平滑処理を行ってから測定します。

(3)問題のとおりです。1箇所の測定では、互いに25~50mmの間隔をもった9点について測定を行います。

(4)誤りです。平均値からの偏差が±20%以上の反発度は計算から除外します。

【問150_サーモグラフィー】

赤外線サーモグラフィー法の適用例のうち、不適当なものはどれか

(1)コンクリート内部の鉄筋の腐食判定

(2)トンネル覆工の漏水箇所の探査

(3)仕上げ材タイルの浮き箇所の調査

(4)モルタル吹付け法面の空洞探査

クリックで【問題150】の解答と解説をみる

正解(4)

(1)誤りです。コンクリート内部鉄筋の腐食は、コンクリートの表面温度に影響を与えません。

(2)問題のとおりです。漏水により、コンクリート表面の正常な箇所と温度差が生じます。

(3)問題のとおりです。タイルの浮いている部分は、外気温による影響が出やすく、表面温度に違いが現れます。

(4)問題のとおりです。モルタル吹付けの空洞部分は外気温による影響が出やすく、表面温度に違いが現れます。

タイトルとURLをコピーしました